学術大会情報 | 日本家族<社会と法>学会

学術大会情報

第38回学術大会「親権の理論と実際」オンラインにて開催決定(2021年11月13日(土))2021/6/12更新

2021年6月4日の第91回理事会において、新型コロナウイルス感染症の状況を考慮し、本年11月13日に中央大学で開催を予定していた第38回学術大会は、全面オンラインで実施することが決定されました。具体的な実施方法等は、本年9月中旬に会員に発送する学会案内及びニューズレターでお知らせします。また、学会ウエブサイトでも第38回学術大会に関する情報を適宜掲載します。
なお、シンポジウムのテーマ「親権の理論と実際」(企画委員長・山口亮子理事)及び若手セッション(小川惠会員、司会:松尾知子理事)に変更はありません。

第38回学術大会(2021年11月)若手セッションの新規公募はありません。2021/2/27更新

2020年11月14日に予定されていたシンポジウム「親権の理論と実際」及び若手セッションは2021年11月に延期し、中央大学で開催する第38回学術大会において実施いたします。それに伴い、第38回学術大会での若手セッションの新規の報告者の公募はしないこととさせていただきます。

第37回学術大会 プログラムのご案内2021/2/05更新

★学会員の皆さまには「会員用ページ」にて詳細をお知らせしております。ご確認ください。

日時:  2021年3月6日(土)13:00~17:00
場所:  オンライン(Zoom)*参加登録者には3/5にZoomアクセス情報を送付済みです。
テーマ:「養育費をめぐる法政策と公的支援システムの再構築」

総合司会:佐野みゆき(東京弁護士会・弁護士)

企画趣旨説明
棚村政行(早稲田大学・教授)

(1)相談支援機関の立場から―相談の実情からこれからの相談支援の在り方を考える
山崎朋亮(養育費相談支援センター・センター長)

(2)当事者の立場からーひとり親の支援ニーズ
赤石千衣子(NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ・代表理事)

(3)弁護士の立場からー養育費の合意形成や履行確保のために
福市航介(第一東京弁護士会・弁護士)

(4)研究者の立場から―女性の司法アクセスの視点を踏まえて
石田京子(早稲田大学・教授)

(5)研究者の立場からー韓国の養育費履行管理院の取組から
金亮完(山梨学院大学・教授)

(6)養育費の合意形成と履行確保の促進策―比較法的な視点と養育費政策
棚村政行(早稲田大学・教授)

休憩

討論
司会:常岡史子(横浜国立大学・教授)

総括
榊原富士子(東京弁護士会・弁護士)

日本家族〈社会と法〉学会 第37回学術大会事務局
kazokushakailaw37thconference@gmail.com

第37回学術大会「養育費をめぐる法政策と公的支援システムの再構築」(2021年3月6日(土)13時開催決定)2021/1/30更新

2020年7月17日付けの学術大会情報「第37回学術大会(2020年11月)の中止等について」でお知らせしていましたように、2020年11月14日に福岡大学で開催を予定していた第37回学術大会は、新型コロナウイルスの感染拡大等の状況を踏まえ、中止が決定されました。

それに代わり、2020年度につきましては、棚村政行会員のご協力を得て、2021年3月6日(土)13時から17時まで、「養育費をめぐる法政策と公的支援システムの再構築」をテーマとしてシンポジウムを開催する運びとなりました。Web会議システムにより配信を行います。例年の学術大会とは開催時期・開催方法が異なりますが、これを今年度開催する第37回学術大会とする(ただし、若手セッションは実施しない)ことを、2020年10月11日開催の臨時理事会にて決定いたしました。

これに伴い、2020年11月に予定されていたシンポジウム「親権の理論と実際」及び若手セッションは、2021年11月に中央大学で開催する第38回学術大会において実施することを予定しています。なお、今後の予定の詳細については、本学会ホームページにおいて随時情報を更新いたします。

第36回学術大会若手セッションの報告順の変更について(お詫びとお知らせ)2019/10/15更新

第36回学術大会若手セッションの報告順の変更について(お詫びとお知らせ)

標記学術大会についてはすでに会員のみなさまには案内を発送し、ウェブサイトにも情報を掲載しているところですが、諸事情により若手セッションの報告の前後を入れ替え、下記のようにせざるを得ないことになりました。また、喜友名会員の報告の題名が変更になっております。
会員のみなさまをはじめ聴講予定の方々には大変なご迷惑をおかけすることになってしまい、学会事務局長として深くお詫び申し上げる次第です。

日本家族<社会と法>学会事務局長 川淳一

【変更前】
第1部:若手セッション
9:30 「オーストラリア(豪州)における離婚後の共同養育推進と『子の利益』」
古賀絢子(東京経済大学)  司会 小川富之(福岡大学)
10:15 「他児養育制度としての特別養子縁組の展望―実親の位置付けと葛藤事案における調和的解決への模索―」
喜友名菜織(早稲田大学)  司会 床谷文雄(奈良大学)

【変更後】
第1部:若手セッション
9:30 「特別養子縁組における実親の位置付けと調和的解決への模索ードイツにおける運用・議論状況を手掛かりにー」
喜友名菜織(早稲田大学)  司会 床谷文雄(奈良大学)
10:15 「オーストラリア(豪州)における離婚後の共同養育推進と『子の利益』」
古賀絢子(東京経済大学)  司会 小川富之(福岡大学)

                                             以上
上記内容は、以下のファイルからもご確認いただけます。
【PDF】36回若手セッション報告順等変更告知

第35回学術大会(2018年11月10日(土)・金沢大学)宿泊予約開始のお知らせ2018/6/23更新

金沢大学で開催される第35回学術大会(2018年11月10日(土)開催)の宿泊予約を開始いたしました。

予約は「宿泊申込書」(下記からダウンロード)にて、近畿日本ツーリスト金沢支店に直接、FAXまたは郵送にて9月28日(金)までにお申込みください。

その他、キャンセル料の件等、詳細については、「募集要項」(下記からダウンロード)をご覧ください。

宿泊申込書

募集要項

サブコンテンツ