他の学会等の催し物 | 日本家族<社会と法>学会

他の学会等の情報

2017年3月27日(月)10時30分〜17時、Winstanley Lecture Theatre,Trinity College, Cambridge、Brexit & Family Law seminar2017/2/17更新

国際家族法学会事務局からのお知らせ

下記のとおり、ケンブリッジ大学で国際学術集会が開催されます。

日時:2017年3月27日(月) 10:30~17:00
場所:Winstanley Lecture Theatre,Trinity College, Cambridge

詳細は、下記のウェブサイトをご参照ください。

Dear Colleagues Brexit & Family Law seminar, Monday 27 March
Booking for this highly topical seminar is open at the link above. We
have an outstanding programme of academic speakers and a highly
experienced practitioner panel discussion team to explore various
aspects of trans-national family law post-Brexit. Full programme details
are available at http://www.fambrexit.law.cam.ac.uk.

Registration for the full day just £150 for practitioners and £100 for
academics/civil servants/NGO, with a special student rate of £25. Dinner
and accommodation may also be booked. Do come, or send colleagues!

2017年3月20日(月)12時50分〜17時30分、早稲田大学8号館3階303会議室、シンポジウム「児童福祉と司法の間の子の福祉―ドイツの最新の大規模調査に基づいて―」2017/2/15更新

シンポジウム「児童福祉と司法の間の子の福祉―ドイツの最新の大規模調査に基づいて―」

日時:2017年3月20日(月) 12:50~17:30
場所:早稲田大学8号館3階303会議室

※同時通訳つきです。ご出席を希望される方は、3月10日までに申し込みをお願いします。

下記をクリックしてダウンロードしてください。
【PDF】sympsm_mar

日本登記法研究会からのお知らせ2017/2/09更新

日本登記法研究会からのお知らせ

昨年12月末に、「日本登記法研究会」(世話人代表/武川幸嗣・慶應義塾大学法学部教授)が設立されました。

日本登記法研究会は登記の研究者・実務家などで構成される学術団体であり、登記に関連する研究発表や情報交換の場を提供することを通じ、登記制度の発展に寄与することを目的として、学術的研究と実務のコラボレーションを踏まえた活発な議論を行っていくことを予定しております。
登記法は、夫婦財産契約、不動産の相続等、家族法にも深い関わりがありますので、ご案内申し上げます。

詳しくは、下記のウェブページをご覧ください。
http://www.toukihou.jp/index.html

設立間もない現段階では、どの程度の需要があるのか分からないということもありまして、「研究会」と称しておりますが、活動内容等は通常の学会と同様で、いずれ時機を見て、学会に衣替えすることを目指しております。

ご関心がある方は、入会をご検討下さいますようようお願い申し上げます。
上記ウェブページの入会申込書にご記入いただき、日本登記法研究会事務局(03‐5427‐1489/田高寛貴・慶應義塾大学法学部教授)にファックスにてお送りいただければ幸いです。
なお、2017年3月31日までは推薦人を記入する必要はございません。
会費は当面の間、無料となっておりまして、代わりに、大会参加費を申し受けることにしております。

また、2017年3月11日(土)13時~17時、日司連ホールにて、同会の設立記念研究大会が開催されます。
詳しくは、添付ファイル、および、上記ウェブページの「活動・大会」欄をご覧いただければ幸いです。
ふるってご参加いただければと存じます。

日本登記法研究会世話人一同

下記をクリックしてダウンロードしてください。
【PDF】3.11登記法研究会設立記念研究大会

2017年2月25日(土)13時〜16時30分、大阪弁護士会館2階ホール、シンポジウム「離婚当事者と子どもとの関係再構築・修復的司法を目指して―相談・調停における弁護士の役割を再考する」2017/2/09更新

シンポジウム「離婚当事者と子どもとの関係再構築・修復的司法を目指して―相談・調停における弁護士の役割を再考する」

日時:2017年2月25日(土) 13:00~16:30
場所:大阪弁護士会館2階ホール

※出席の場合は、2月17日までに申し込みをお願いします。
下記をクリックしてダウンロードしてください。

【PDF】2.25家事法制シンポジウム案内チラシ

2017年3月29日(水)13時〜17時、神戸大学六甲台第1キャンパス本館102号教室、シンポジウム「責任無能力者による不法行為と『家族』の責任」2017/2/02更新

シンポジウム「責任無能力者による不法行為と『家族』の責任」

日時:2017年3月29日(水) 13:00~17:00
場所:神戸大学六甲台第1キャンパス本館102号教室

下記をクリックしてダウンロードしてください。
【PDF】3.29シンポジウム「責任無能力者による不法行為と『家族』の責任」(案内チラシ)

2017年2月12日(日)13時〜18時、エステック情報ビル21F会議室、ワークショップ&トークイベント「ドメスティック・バイオレンスと、いま、どう向き合うか」2017/2/02更新

ワークショップ&トークイベント「ドメスティック・バイオレンスと、いま、どう向き合うか」

日時:2017年2月12日(日)

    Ⅰ部トークイベント 13時00分~15時00分
    Ⅱ部ワークショップ 15時00分~18時00分
    ※Ⅰ部のみ・Ⅱ部のみのご参加も可能です。
場所:エステック情報ビル 21F会議室
    (東京都新宿区西新宿1-24-1 http://www.stec-jbldg.co.jp/access/ 

下記をクリックしてダウンロードしてください。

 

2017年2月11日(土)11時00分〜17時30分、立命館大学朱雀キャンパス203号室、国際シンポジウム「家族紛争の合意解決と家事調停の機能~韓国、台湾、日本の比較を通じて」2017/2/02更新

国際シンポジウム「家族紛争の合意解決と家事調停の機能~韓国、台湾、日本の比較を通じて」

日時:2017年2月11日(土)11:00~17:30
場所:立命館大学朱雀キャンパス203号室

下記をクリックしてダウンロードしてください。
【PDF】2.11国際シンポジウム「家族紛争の合意解決と家事調停の機能」

国際家族法学会事務局からのお知らせ2017/1/18更新

(1)本年7月にアムステルダム自由大学にて開催される世界大会の発表応募のためのアブストラクトの締切日が2月15日まで延期されました。

(2)世界大会の早期参加登録が4月15日まで延期されました。

詳細は、国際家族法学会のHP(http://www.isflhome.org/home)を参照してください。特に若手研究者優遇制度もありますので、積極的な参加をご検討ください。

2017年2月6日(月)10時00分〜17時00分、名古屋大学アジア法交流館、外国(身分関係)法制研究会主催: アジア諸国の親子関係における子の最善の利益に関する国際会議「第1回 離婚後の親権・監護権者決定」2017/1/18更新

テーマ:アジア諸国の親子関係における子の最善の利益に関する国際会議
「第1回 離婚後の親権・監護権者決定」
日時:2017 年2月6日(月) 10 : 00 〜17 : 00
場所:名古屋大学アジア法交流館(2階)カンファレンスルーム

下記をクリックしてダウンロードしてください。
【PDF】第1回離婚後の親権・監護権者決定

*会議自体は一般に公開されますが、資料準備の都合上、参加希望の方は、以下のサイトから登録をお願いします。ただし、事前登録をしないと参加できないわけではございません。
https://goo.gl/forms/clISufafcumfmRRt1

 

2017年1月28日(土)14時〜17時、早稲田大学法学部8号館B1階102教室、養育支援制度研究会シンポジウム:「子ども養育支援基本法制定を目指して」2017/1/18更新

テーマ:「子ども養育支援基本法制定を目指して」
日時:2017年1月28日(土)14時~17時
場所:早稲田大学法学部8号館B1階102教室
下記をクリックしてダウンロードしてください。
【PDF】養育支援制度研究会シンポジウム

 

サブコンテンツ